患者さんにお薦めします

インプラント治療も万能ではなく、基本的には他の治療が難しい患者さんにお薦めします。
クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を選ぶしかないというのが、多くの患者さんの実態です。
入れ歯に比べ、インプラントでは歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
インプラント治療を受けようとすると、全て自費なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。
このため、歯科医院を探すときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、キーポイントの一つです。
感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で公開している歯科医院も当たり前のようになっていますから、まずはそこを見てください。
理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、インプラントの埋入まで行けないこともあります。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればもう少し粘ってみてください。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療ができるようになっています。
現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、調べ、 相談してください。
インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。
保険適用外のケースが圧倒的多数で、全て自由診療になることが当たり前ですから失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差が出てきます。
また、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも思いの外費用は違ってきます。
治療が終わっても、ずっと定期検診があるということも覚えておきましょう。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはけっこう大事なメリットの一つです。
上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。
だからガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに頑丈です。
たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。
欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。
見た目の問題を考えるとインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優るというべきでしょう。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという覚悟もしなければなりません。
インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯の危険性は全くありませんが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。
せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはどこまでも続きます。
けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。
さらに深いところまで感染する可能性もあるため一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。
忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療中でも、治療後もそれとわかることはまずないと考えてください。
あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もかなり自然にうつり、この歯はインプラントだと自分でいわなければいかにも義歯だと思われることはほとんどありません。
前歯など、自然に見せたい歯の場合は優先したい治療方法ですね。
顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、その部品の接続構造により、何種類かのタイプがあります。
人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているものが1ピースタイプです。
他に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。
よりメジャーである2ピースタイプは、パーツ同士の結合部の形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。
よく読まれてるサイト:歯の茶渋を落とす歯磨き粉

カテゴリー: 未分類 パーマリンク